アナゴダイの生態

上目 カライワシ上目 Elopomorpha
ウナギ目 Anguilliformes
亜目 アナゴ亜目 Congroidei
アナゴ科 Congridae
亜科 クロアナゴ亜科 Congrinae
クロアナゴ属 Conger
マアナゴ C. myriaster
学名 Conger myriaster
(Brevoort, 1856)
英名 Conger myriaster


通称 <アナゴ> ここでは <マアナゴ>をいいます。  ほかに ゴテンアナゴ、ギンアナゴ、クロアナゴ、ハナアナゴ、ゴテンアナゴなど 150種類が いるらしいです。 釣でのターゲットは マアナゴです。 ゴテンアナゴも よく釣れますが、 マアナゴのほうが 美味しいです。

解明されていない点も多く、レプトケファルス(幼生) から 変態することくらいは わかっているらしいですが、 ウナギ同様に まだまだ 不明な点が多い魚です。 大きくなると 1m を超えるものもありますが、 釣りでは 30 cm〜40cm が一般的です。 

ゴテンアナゴとの違いは、側線上に白い点線が並んでいるのですぐにわかります。 よっくみると顔つきなんかも若干違って見えます。 マアナゴのほうが 目が ウルウル して かわいいような気もします(?)

分布は 日本・東シナ海で、比較的浅い砂泥地に生息しています。 夜行性で 夜になると 獲物を探し泳ぎ回ります。 食性は肉食性で、小魚、甲殻類、貝類、多毛類などの動物を捕食します。 釣りのエサとしては アオイソメ や イワイソメ が良く使われます。 大型アナゴを狙う場合には、生きたイワシやアジなどが使われたりもします。

関東では アナゴ釣りの遊漁船もあるようですが、 港 や 防波堤 テトラ帯 など 比較的身近にいる魚です。 夏の夜に、夕涼みをかねて アナゴ釣りを楽しむ人を よく見かけます。

釣り道具も 簡単な投げ釣りの道具で エサ代もさほどかからない、手軽な釣りです。 子供さんの夏休みに、 ファミリーで楽しむには 結構 良いかもしれませんね。

アナゴは、天ぷら 蒲焼 煮付け が 一般的ですが、 型の良いアナゴは お刺身でも 大変美味しいです。 独特の歯ざわりに 結構身自体に味があります。 ただ ウナギ同様 血液と粘膜に <イクシオトキシン>という毒素があります。(ウナギより微弱) 捌くのが苦手な方は 控えたよいかもしれません。  <イクシオトキシン>は 加熱すれば大丈夫です。  
 

  前に戻る
mail
Copyright(c) 2009  アナゴ釣りのホームページ All rights reserved.