投げ釣りスタイルです。 釣り座をかまえて、 道具をセットします。 特に これといって 特別なものはいりません。

イス(イス代わりのクーラー) に 懐中電灯・竿たて・竿・仕掛け・エサ・手洗いバケツ それに 飲み物(ビール) !

竿に糸を通し、 仕掛けをセットしたら 釣り開始です。





アナゴ釣りの餌には、アオイソメ・イワイソメ などが使われます。 クロダイ キビレ セイゴ カレイ キス など その他の魚も釣れます。

五目で 狙うなら 通し刺し もしくは チョン掛けで 少しタラシを出したほうが 他の魚が来やすいでしょう。 アナゴがメインなら 縫い刺し、 さらに 大型アナゴ狙いが中心なら 房掛け。

アナゴ1本狙いなら、 秋刀魚・サバ・イカの短冊の 縫い刺しでOKです。





投入前に 夜なので 身の回りのものを 整理整頓しておきましょう。 モノを踏みつけて壊したり、海に蹴ってしまったりするのは 仕方がないとしても、転んで怪我をしたりしてはお話になりません。 竿を 振り上げる前に 周りにも気をつけてくださいね。






すべてが整い いよいよ 投入 「とりゃあ!!!」  ですが、 遠くへ投げれば いいというものではありません。 投げるポイントが大事です。 ここでは 複数の竿を出す場合を前提にお話します。

まず 届く範囲の海面を見て 潮目 が 出ていれば そこへ1本打ち込みます。 投げた後、糸フケをとりますが、 オモリを1mくらい ズリズリ とずってください。 こうすることで 仕掛けがまっすぐになり アタリが とりやすくなります。

足下に障害物 テトラや ゴロタ があるところでは テトラや ゴロタ の切れ目にも 「ショボン」と 入れておきましょう。この場合、投げ込んだら オモリは引きずらないで 糸フメだけとってください。 まずは 2本で 様子を見てみます。 よくアタリが出るほうに 残りの竿を入れる あるいは すべての竿を そこに入れる など工夫してください。 アタリがまったくなかったら 場所移動なども考えてください。

あたり方は 「ククククッ ククククッ」 と いう感じで 断続的にきます。 2回目か3回目に 「ククククッ」ときたら、 竿で聞いてみてください。 針掛りしていれば、 重さと一緒に 「グングングン」 とやるので わかります。 軽く 合わせ 巻き上げてください。

巻き上げスピードは 多少強引に速めでもかまいません。 よほど係りどこが悪くないかぎりは 大丈夫です。





足元まで 寄ってきたら 海面までの高さと、竿先からの糸の長さを考えて 竿で 抜きあげます。 タモを使う場合は、タモは目の細かい網のものを 使ってくださいね。 網 と 仕掛けが ガラガラ巻きになって 大変なことになってしまいます・・・。





さて 1 続いて投入ですが、 まず エサを付け替えてください。  ボロボロのエサの上から 新しいエサを刺すよりも、付け替えてしまったほうが 食いは いいように思います。 この時、 ハリスを 触ってみて 傷などのチェックをしてください。 準備ができたら とりあえず 同じ場所を狙って 「とりゃあ!」 (または 「ショボン」)





ブクブク や スカリ があれば 生かしておくのが好ましいです。 しかし よわったり 死んでしまったら クーラーに移しましょう。 クーラーには 氷だけではなく、 氷(できれば砕いた氷) と 海水 を 混ぜて入れてください。 満遍なく しかも ギンギンに冷えますので 鮮度を保てます。



  前に戻る
mail
Copyright(c) 2009  アナゴ釣りのホームページ All rights reserved.